img_02

今なお利用される固定電話について

携帯電話やスマートフォンの普及を初め、インターネットや電子メールなど、次世代の様々な通信技術が登場する中、根強い人気と安定したサービスから未だ、多くの方が利用されているサービスの一つが、固定電話です。
固定電話とは、いわゆる加入電話とも呼ばれるサービスで、主に東西電話会社によって管理、運営が行われているサービスのことを指します。戦後から現在に至るまで、ほぼ全ての建物の配線に必ず組み込まれている電話回線を用い、専用の電話機器と、各電話会社との契約を行うことによって利用する事が出来ます。

また、加入者毎に専用の番号、電話番号が振られ、この電話番号を使って専用機器から連絡を行うことにより、直接、相手の方へ連絡を取ることが出来るという仕組みです。

また、最近では、新しい固定電話のスタイルとして、インターネット技術を採用した固定電話サービスが登場しています。

これは、主にインターネット通信や情報通信の分野で活用されている光ファイバーと呼ばれる専用線を使い、音声通話をデータ化して通信を行っています。

固定電話に加入をお考えでしたらおススメは大阪中心に事業を進めるこの会社です。

従来の固定回線ではなく、インターネット通信専用の回線を使うことにより、国内のどの場所に電話をかけても、一律の電話料金だけで使用できるというメリットが有ります。


また、同一のサービスを利用する人との間では、電話料金が原則無料で利用できると言う点も、大きな魅力としてその利用者数を増加させています。また、固定電話は、事業者にとって一種の信頼情報の一つとなる為、現在でも多くの商店や事業者に利用されています。